So-net無料ブログ作成

大日本永楽造の向付 [茶の湯]

今回は大日本永楽造の「祥瑞写向付」を紹介します。

photo860.jpg

一見すると、小服の抹茶茶碗かと思ってしまいますが、
向付として作られたものです。

photo865.jpg

「祥瑞(しょんずい)」とは中国の明時代末期に、
江西省景徳鎮の民窯で,
日本の茶人たちの好みを反映して作られた青花(染付)磁器のこと。
この向付は、永楽善五郎によるその写しです。

photo861.jpg

見込みの内側まで、精緻な「祥瑞文様」が描かれています。

photo864.jpg

「祥瑞文様」とは幾何学文の地紋に人物や松竹梅などをあしらった吉祥文。
とにかく丁寧に美しく描かれていて、感心します。

photo862.jpg

高台には「大日本永楽造」の文字。
文字の特徴から明治時代に造られたものではないかと思います。

photo863.jpg

古い伊万里の手塩皿と合わせてみました。
いや〜、美しい。
でも、何の料理を盛りつけたらいいんだろう。

↓こちらもご参照下さい。
http://mukouzuke.blog.so-net.ne.jp/

共通テーマ:コミック