So-net無料ブログ作成

永楽和全の金襴手鉢 [茶の湯]

忙しさにかまけて、ここしばらく、
懐石道具の紹介をしていなかったのですが、
「もうやらないの?」という声をいただいたので、
久しぶりに書きます。

photo961.jpg

永楽和全の「赤地金襴手花唐草文輪花鉢」。
金襴手とは、白磁に上絵付をした後、金箔(または金泥)で加飾する技法。
永楽和全はその名手として知られています。
和全の金襴手は中国明時代の本歌の発色に近い、
上品で落ち着いた色合いが特徴。

photo963.jpg

高台には「大日本永楽造」の染付銘。

photo965.jpg

共箱には「金襴手 鉢」とあり、

photo964.jpg

「善五郎造」の署名と永楽印があります。
この特徴から、幕末の頃(天保〜慶応)に、
加賀ではなく京都で焼かれたものではないかと思われます。

photo962.jpg

向丘「一炉庵」の主菓子を盛り込んでみました。
黒文字がないと感じが出ないけど。

↓こちらもご参照下さい。
http://mukouzuke.blog.so-net.ne.jp/

共通テーマ:コミック