So-net無料ブログ作成

ばらちらし [おいしいもの]

photo1562.jpg

銀座「二葉鮨」で大好きなばらちらしを食べました。
親方とは年齢が近く、同じ東京生まれということもあって
話すと気分が和みます。

早いもので2016年ももうすぐ折り返し。
今年は年明け早々にテレビ番組の終了が決まり、
春に始まる予定だった新しい仕事も足踏み状態だったりと
思うようにならない状況が続いていますが、
後半に巻き返したいと思います。

nice!(11) 
共通テーマ:コミック

再放送。 [仕事]

photo1310.jpg
photo1160.jpg

7月3日の日曜日15時〜の「最高に旨い寿司」は、
第21回「青山 すし泉」と第22回「館林 鮨恵三」の再放送です。
http://www.twellv.co.jp/event/sushi/

photo1302.jpg

どちらもメディアにはあまり登場しない、
知る人ぞ知る名店です。ご期待下さい。

http://www.twellv.co.jp/event/sushi/lineup/21.html
http://www.twellv.co.jp/event/sushi/lineup/22.html

nice!(10) 
共通テーマ:コミック

連載第4回 [仕事]

photo1564.jpg

「yahoo!ライフマガジン」の連載第4回、
四谷荒木町「鮨わたなべ」が掲載されました。
http://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/1675

「ごほうびおひとり鮨」にも登場した「鮨わたなべ」。
僕が今、最も注目している一軒です。
http://lifemagazine.yahoo.co.jp/series/99

nice!(2) 
共通テーマ:コミック

「ごほうびおひとり鮨」連載スタート。 [仕事]

q3nf70zwuu1j.jpg

「ごほうびおひとり鮨」(原作・早川光 作画・王嶋環)の連載がスタートしました。
http://www.funwarijump.jp/manga/gohoubi

物語については、実際に読んでいただければと思いますが、
テレビ番組と違って、握りだけではなくおつまみも含めたおまかせの内容を紹介するのと、
実際にマンガ家さんが行って食べた時のお勘定の金額も載せるというのが、
けっこう新しい試みなのではないかと思います。
(お勘定は第2話の最後に掲載されます)
ご期待いただければ幸いです。

nice!(11) 
共通テーマ:コミック

「マインドフルネス」 [その他]

興味深く観た NHKスペシャル「キラーストレス」。
http://www.nhk.or.jp/special/stress/

人間の心と肉体を蝕み苦しめる「ストレス」について深く掘り下げた番組ですが、
その中でストレスの対処法として紹介されたのが「マインドフルネス」。
http://www.nhk.or.jp/special/stress/02.html

これは「今の瞬間の現実に気づきを向ける」ための方法。
どんなものかをわかりやすく書くと
1. 背筋を伸ばして、目を閉じる。
2. 呼吸をコントロールしないで、あるがままに感じる。
3. 雑念にとらわらず、呼吸だけに注意を向ける。
4. 体全体で呼吸をする。
5. 自分を取り巻く部屋の空気、温度、広さなどに気を配り、それを感じる。

「ヨガ」や「座禅」にも似ている感じがしますが、
僕が真っ先にイメージしたのは「茶の湯」。
「茶の湯」は、作法やルールに縛られた現代の茶道とは違い、
本来は雑念にとらわれず自分自身を見つめるための行為‥だったはず。
だから、常にストレスに圧迫されていた戦国時代の武将たちが
茶の湯をこよなく愛したのだと思います。
もしかしたら、お稽古事ではない、マインドフルネスとしての「茶の湯」が
見直される時期が来ているのかもしれません。

nice!(11) 
共通テーマ:コミック

再放送 [仕事]

photo1297.jpg
photo1160.jpg

6月26日の日曜日15時〜の「最高に旨い寿司」は、
第19回「銀座 鮨太一」と第20回「銀座 鮨わたなべ」の再放送です。
http://www.twellv.co.jp/event/sushi/

photo1290.jpg

銀座にあって、今最も居心地のいい2軒です。
ご期待下さい。
http://www.twellv.co.jp/event/sushi/lineup/19.html
http://www.twellv.co.jp/event/sushi/lineup/20.html

nice!(10) 
共通テーマ:コミック

試し読みスタート。 [仕事]

bn_gohoubi.jpg

「ふんわりジャンプ」で連載が始まる「ごほうびおひとり鮨」の
試し読みがスタートしました。
http://funwarijump.jp/preview/gohoubi/

第一回は四谷三丁目「鮨わたなべ」です。
女性のマンガ家さんが実際に食べに行って描いています。
Twitterをやらない僕がお願いするのもなんですが、
たくさんツイートしていただけるとありがたいです。
http://funwarijump.jp
nice!(0) 
共通テーマ:コミック

連載第3回 [仕事]

photo1560.jpg

「yahoo!ライフマガジン」の連載第3回、
銀座「鮨 石島」が掲載されました。
http://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/1586

これから、だいたい月4回のペースで更新する予定です。
http://lifemagazine.yahoo.co.jp/series/99
nice!(10) 
共通テーマ:コミック

根津松本の蓴菜 [おいしいもの]

photo1561.jpg

「根津松本」で秋田産の蓴菜(じゅんさい)を購入。
高価なものなので、アンティークのガラスの器に盛ってみました。
秋田の蓴菜の収穫時期は4月下旬から9月上旬ですが、最盛期は6月。
喉ごしが素晴らしく、まさに澄み切った味がします。

nice!(0) 
共通テーマ:コミック

「ホドロフスキーのDUNE」 [映画]


ホドロフスキーのDUNE [Blu-ray]

ホドロフスキーのDUNE [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

アレハンドロ・ホドロフスキーは「エル・トポ」で知られるカルト映画の巨匠。
そのホドロフスキーがフランク・ハーバート原作の「DUNE」を
40年前にSF超大作として映画化しようと試み、頓挫したことはひとつの伝説。
この映画は、その「DUNE」がどんな映画だったのか、なせ頓挫したのかの真相に
監督本人と当時の関係者へのインタビューで迫るドキュメンタリー。
いや、とにかくホドロフスキー本人の話が抜群に面白い。
インタビュー当時84歳だったとはとても思えないほど、若々しく、エネルギッシュで
うさんくささ、いかがわしさもちょっとあって、凄く魅力的。
特にサルバトーレ・ダリに出演交渉した話には引き込まれてしまいました。
ホドロフスキーが映画監督として天才だったとは思わないけど、
語り部としては超一流だと感じました。
nice!(9) 
共通テーマ:コミック