So-net無料ブログ作成

「藤本繁蔵の鮨」その4 [鮨]

僕が雑誌「オプラ」(講談社)2004年6月号に書いた記事
『藤本繁蔵の鮨』の抜粋を数回に分けて、掲載することにしました。
14年前に書かれた記事ですから、
すでに故人となられた方の証言も含まれていることを
予めお断りしておきます。

photo1749.jpg

「とにかく粋という言葉がぴったりの人」。清水喜久男氏は回想する。
「髪は角刈り、服は着流し。帯をきりりと締めて、柾目の揃った桐の下駄を履いてました」
着物は唐桟縞(紺地に浅葱や赤の細い縦縞を配した柄)を特に好んだ。
足袋は四つ小鉤の紺キャラコで、店は日本橋の『大野屋』と決めていた。
下駄は赤坂の『長谷川』で買った。
「親方の下駄はね、足よりひと回り小さく誂えている。それを履いて颯爽と歩くのが鯔背でした」

そうかと思えばハイカラな一面もあり、カメラはライカ、腕時計はロレックスを愛用し、
トーストとコーヒーが大好きだった。鈴木民部氏は
「トースト用のパンは『明治屋』、サンドイッチなら神田の『蓬莱屋』と使い分けてた。
コーヒーだけじゃなく紅茶にもこだわりがあって、お湯じゃなくて牛乳で入れる。
今で言うロイヤルミルクティーだね。それも沸騰する寸前くらいにポットに注ぐんだ。
そうしないとうまくねえって、明治生まれの人が言うんですから」
と、目を細めて笑う。
(中略)

藤本のこだわりは鮨だけに留まらず、握る舞台である店そのものにも向けられた。
親方を務めた『錦』や『きよ田』の内装は、なんと藤本が自らデザインしたものという。
いや、自分の店ばかりではない、弟子の『喜久好』や『鮨青木』
孫弟子の館野弘光氏の『山路』まで
藤本が内装の監修をしたというのだから驚くほかはない。

『きよ田』や『鮨青木』など数軒の内装に関わった内田幸男氏はこう語る。
「とにかくセンス抜群さ。店のカウンターひとつとっても、
藤本さんの頭の中には高さ、奥行き、すべてに完璧なイメージがある。
それがシャープなんだ。研ぎ澄まされてるんだよ」
藤本は内装工事の間も足繁く現場に通い、細かな指示をした。
「現場には藤本さん専用のイスがあって、それに座ってじっとこっちの仕事を見てるんだ。
まるで映画監督みたいな具合にね」

内田氏が藤本から学んだことは、氏が手掛けた店の内装にも生かされている。
「藤本さんの内装に対する考え方は引き算。飾り立てるんじゃなくシンプルであることが理想。
それが鮨を美味しく見せるってことが、あの人にはわかってた」(中略)
確かに内田氏の手掛けた店舗には、藤本好みの研ぎ澄まされた美しさがある。
こうして藤本の精神は、次なる世代の鮨職人にも脈々と受け継がれていく。

《終》
nice!(2) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

Facebook コメント